routine

いい音楽を紹介するブログ

97

いよいよあしたのラジフェスですが、その前に気づかないうちにまたメガネびいきで読んでもらっていたようでステッカーが送られてきました。嬉しすぎてにやけけました。すっごいかっこいいステッカー。

ジャイアントキリング、読んだんですけど、持田。泣けます。椿くん、泣けます。

私がヴィクトリーのサポだったら、持田のことモッチーさんって呼んでそう。持田かも。サポーターやってるから、異常に感情移入しちゃう。先日のFC東京の試合で、久々の先発、子供生まれて初試合?で、気合い入れてガツガツした吉本さんがわき腹?にボールぶち込まれちゃいまして。あー、またか、と。吉本選手、良いプレーしてる時って怪我しやすいんです。疲労骨折とか靭帯とか。ヨネやナオさんも怪我しやすいし。そういうのずっと見てきたから、持田のことも感情移入にすぎて、ボロ泣き。持田なら絶対また代表いける。あのメンタリティがあれば絶対大丈夫。ジャイキリがフィクションで本当に良かったです。サッカーがまた愛おしくなりました。

 

 

槇原敬之

みんな知ってるあの人。 

www.makiharanoriyuki.com

 しゃ、洒落ている、、、、、。

 


槇原敬之 - どんなときも。


槇原敬之「理由」MV (Short Ver.)

ふと良さに気づいて聴いてからというもの、全てのジャケットがしゃれしゃれで歌詞もしゃれしゃれのすばらぴーやなことを知り、私の中で魅力がすごいと話題です。そりゃずっと人気なわけですよ。キングオブポップなんじゃね。何年も前の、数十年前のものからずっと今のオシャレになっているんですねー。伝わらない言い方ですみません。

曲の完成度もさることながら理由の歌詞ですね、聴いてください。誰かの幸せが自分の幸せだと思ってーってからずっと、って全部ですね。まさに理由。でも最近、全部捨てて離れて別のことやってみてもいいんじゃないかなって切り替えてみようかなって思えるようになってきました。執着する理由がまた見えたら戻ればいいのかなって。