routine

いい音楽を紹介するブログ

70

矢作さんがナルバリッチにハマったようです、やっぱり矢作さんはオシャレです…。

 

コンピレーションアルバムの流通って実はたいして意味がないように思う。

発案者の自己満足というか、一歩先まで届いていないように感じます、それで?の部分がない。なんかなー。インディーズバンドのコンピなんてそれぞれの少数のファンがよっしゃー流通!くらいにしか注目しないし、大物は大物でもう持ってっからいらんわってなりそう。誰が心から楽しむのでしょうか。

無配はまあいいんじゃないでしょうか。範囲を限定している方が狙いがしっかりしています。

 

uguis(ウグイス)

「憧憬と箱庭」

www.youtube.com

憧憬:憧れること。

この曲が一番好きです。一番耳に残ります。

 

ウグイスほど良さがわかりにくいバンドもいないんじゃないですかね。

曲が綺麗で映像が作品くさくて歌詞がストレートではないので伝わりにくいと思うんですけど、野心が見え隠れしてるのがいいっす。しっかり狙ってやってるのがかっこいいと思います。MCのキャラはやめていいと思います。キャラとか含めてビジュアル的要素をを売りの一つにしなくても曲がかっこいいので。

あとCDJじゃなくてロッキン出れたらよかったかなと思います。音楽的に外の方がアウェイ感があるので広がりそう。結果良いファンがつきそう。良いファンってわかりますよね、しっかりファンであることです。