routine

いい音楽を紹介するブログ

25

dtvでトリック配信されはじめたのでトリック三昧。ながら見だけど。ギャグ・ミステリー・リアリティが揃うとこんなに面白いんだよって見本のような作品。ファンタジーがインチキとして暴かれる痛快さ。はーおもしろい。賛否が両論のラストの映画も好きです。良い終わり方だと思います。あ、しかも、遊戯王まで配信してくれて。トリックの次に見たいと思います。私は御伽くん、獏良くん、マリク(さま)が好きです。

 

 

中川翔子 「空色デイズ

 

天元突破グレンラガンのOP。名曲中の名曲ですねこれもまた、、。

1番2番がグレンラガンの前半後半に対応しているんです。いや計画力すごいな。最後の方挿入歌にもなってたような。そのときのトリハダったらありゃしないですよ。最高にあがります。

本当に神アニメでした。グレンラガンの感想かこれ。いやほんと、なんで朝の時間帯にやってたんだろう。完全に大人向けの難しくて深い内容なんです。見ていたとき子供で、なんにも理解できないけれど面白いことだけわかってて。数年に一度くらいのペースで見直してるんですけど、わかんないよね。ははははは。

タイアップって本当に難しくて。アニメのために作ればアーティストのファンが非難、アニメファンは関心します。逆にまったくそぐわない曲を使うとアニメファンからの支持はないし、アーティストのファンと対立する形になる。実際好きなアニメのわけわからないOPとかめっちゃきらいでした。今聴いても意図がわからないし。

ただこの場合はグレンラガンのための曲で、しょこたんも制作側の人間なのでそんなこともないけれど。制作会社も細かくこだわるところですし。

いつ聴いても胸が熱くなる。

「走り出した想いが今でも この胸を確かに叩いてるから 今日の僕がその先に続く 僕らなりの明日を築いていく」

かっこいい~~~~。まあつまり情熱ですね。sumikaの雨天決行という曲でも

「やめない やめないんだよまだ 足が進みたがってる」

ってあるようにね 情熱を動かす曲はいいです。好きです。こういう曲があるおかげで大切なことや、絶対忘れたくない感情を忘れないでいられます。人の気持ちを高めたり維持させたりできるアーティストは強いです。

 

  

広告を非表示にする